編んでる?

今までたくさん編物したけど、あんまり残ってなくて・・・ 今からでも、ブログに残しておこうっと!

編み物以外の話



この度の東日本大地震において、

被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。



土・日、会社が休みだった事もあり、

テレビの前から、離れることが出来ませんでした。

今日、テレビから離れて、出社しても

まだ、胸の不安は収まりません。

みんなの、自分に出来る事は無いのか?

というもどかしさを感じている記事を読むと、

被害の無かった日本中の人々が、

あの「自分だけが助かってしまった負い目」というものを

感じているみたいにさえ、思えてしまいます。
*
*
*
誰かが、ブログで言っていた。

被災していない地域では、

元気な経済活動をすることも出来ることの一つだ、って。

確かに、そうかもしれないね。
*
*
*
テレビを見ていて、報道の人たちの

並々ならぬパワーを感じました。



素早い初動

ヘリ等の機動力

電気も電話も全滅している場所での通信手段や中継

地元の人も入って行け無さそうな場所でのリポート



これらは、総合的にみると、ある意味、

自治体や国家や消防、警察より

優れているものがあると思いました。


そこで思ったのは、

各社、バラバラに報道するのではなく、

こんな非常時には、報道機関の連絡会を作って、

各社、地区を分担して、

計画的な調査や、通信を行えば

災害時にもっと役に立てるのではないか?

という事でした。



家族の安否や、避難先が分からない人の通信の助けが出来ないか?

自治体が把握できていない孤立した被災者を見つけて知らせることが出来ないか?

テレビもラジオも無い被災者に、継続的に情報を提供することは出来ないか?

避難した人たちの、データベースを作ることは出来ないか?



等々、優れた技術を持ってすれば

何かが出来そうな気がする。

報道活動の中で、それらをするのでなく、

それらを目的に活動するなかで、ついでに報道する、

という形で。


各社で、そういう技術を競ってもらえたら、

視聴者だって、喜ぶんじゃないだろうか?


自分にはまるで分からない分野の事で、

言いたい事を言っているだけだけど、

あのパワーを結集したら、絶対何か出来そうな気がして・・・



自分には何も出来ないので、

そんな胸のすくような事を、自分勝手に期待してしまう。



関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

まつきち

Author:まつきち
できることなら 朝から晩まで編物だけして 暮らしたい

♪お役立ち編み物サイト♪

my HomePage
りょう☆さんのHP
my Ravelry page

投票してみませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ようこそ*いらっしゃいませ

2010年5月15日から
人目のお客様です

こんにちは

現在の閲覧者数:

検索フォーム